スリムレッグラボ

糖質制限ダイエット

糖質抜きすぎはNG?

一般的には炭水化物イコール太りやすいというイメージがありますね。炭水化物で太る仕組みというのは、炭水化物を食べることで血糖値が急激に上がりやすいということからきています。

 

そうすると、インシュリンというホルモンが大量に分泌され、本来は筋肉などにエネルギー源として蓄えられるはずの糖分を脂肪として蓄えてしまうのです。なので、炭水化物を控えたり、場合によっては全く食べないといった炭水化物ダイエットは「痩せるダイエット」としてかなりポピュラーになってきています。確かに炭水化物の摂取を減らすことでインシュリンが大量に分泌されなくなり、糖が脂肪に合成されにくくなるので太りにくくなります。しかし、完全に炭水化物を食べないなどの極端な炭水化物抜きダイエットはおすすめできません

 

 

そもそも炭水化物は、たんぱく質・脂質と並ぶ「三大栄養素」の一つであり、人間が生命を維持し健康な体を作り上げていくためには必須の栄養素です。万一、炭水化物を完全に抜いてしまうと糖分が不足し、脳のエネルギー源が足りずに一時的にフラフラとめまいがしたり、骨や筋肉が落ちたりして、体調に不調を招きやすいです。

 

美しくなるためのダイエットで健康を害してしまっては元も子もありません。ダイエット方法としては有効ですが、炭水化物ダイエットをする際は、完全にカットしたり量を減らしすぎたりしないように注意しましょう。

 

 

スリムレッグラボの口コミ トップへ戻る